西翔記

私の伝記の欠片

次の目標、夢へ

こんばんは。翔です。SNSをやっていたので、記事を書く時間があまり無く、やっと久しぶりに記事を書けるようになりました。今月も、いえ、今年も残りわずかですね。

 

はやいですね~。ここで思うのは、年を重ねれば重ねるほど、こうして時間がたつのを速く感じてしまうのでしょうか?

それとも、年を重ねたうえでそれまでの経験や忙しさの多さで速く感じるのか?

これは、脳科学者さんにお聞きしたいですね(笑)

 

さて、私はもう夢を叶えました。今でも実感が湧かないのは、恐らくこうでしょう。

 

「まだ、生きれる。生かされてる。だから、また次の目標、次の夢へと、日々の生活とともに自分らしく前へ、未来へ、進んでいる。」が証拠なんでしょうね!

 

証拠と言っても、これは自身の内なる無意識の中で芽生えるもの故、いくらそのように思おう、感じよう、考えなくちゃ、とはできません。なので、これは誰でも、誰によっても証明は難しいです。

 

・・・・・というより、これは夢を叶えた者が、与えられし、次の生きるための鍵ではないでしょうか?

 

では、私の場合はというと・・・、次の目標、夢へのプランは大枠が決まっております。いつ決まったかは、正直不鮮明のままです。なんせ睡眠時間以外思考回路が速く回って、感受性が高まって仕方ないからです。

 

とりあえずこの場でオープンにできるのは、パートナー(恋人のように愛し愛される人)と世界をもっと広く、深く、数多くの土地、地域、国を巡って旅することです」

 

若しくは、

「世界をもっと広く、深く、数多くの土地、地域、国をまわってそこの、その場所での、衣食住、言語、歴史、音楽、文化、祝祭日などに行われる伝統行事、そして、街並みと自然の豊かさなどなどを学び、味わい、目に焼き残し、それを記述し、自分の国へ伝え、残し、そういったものを今後観光や留学でも目的は何でもいいのでそれのために行く人たちに役立てる仕事

 

ができれば、…最高な人生、そう思うと胸は躍動の波でいつまでも希望してしまう。

たとえ、数十か国語を頭に入れなければならなくても、自分の味覚や嗅覚に合わないものでも構わない。
一つ山脈を越えなければカメラに映せない場所でも、多少治安が悪い場所でもかまわない。 
地球に生まれたなら、地球に文句は言わない。言えない、地球に生まれたのですから。

 

これが、私の本当の夢の2パターン。無論、両方なんて言ったら、運命が憤って襲い来るでしょう。それでもいい。

なぜって、それが、運命が与えた、「生きる希望でもあり、生きる道に立つ扉の鍵の源でもある」から。

仮にどちらかを選べと言われれば、仕事の方。なぜって、恋はいつでもできる?し、パートナーが国内から出たくないと言うかもしれない、そう考えているからです。

私の夢は、まずは、準備段階から始まるかな…。いや、今思うと、今までの旅が準備段階であって、これからが、本当の予期せぬ、波瀾万丈に富んだ旅という夢の始まりでしょうね。

そうあってほしい。成功でも失敗でも、構わない。

そう、私が決めた。運命が何を考えていようと。私は地球とともに一人の人間として、与えられた生をまっとうしていく。

それだけ。

ここで、今年はこの翌年の抱負といったところで終わりです。

ま、以上が私の「ここまで」と「ここから」でした。永い月日はもっと早く感じるのでしょうね、2019年は…。

来年も宜しくお願い致します。

では、よいお年を!

 

*今月で並行して書いていたFC2ブログは閉設いたしました。

チリ巡礼の旅: 2018/12/3〜2018/12/8 夢、果たす。

 

 

読者の皆様。いえ、読者だった、読者かもしれない、皆様。
私、翔は、若くして、夢を叶え、今を生きております。
恐らく、皆様の記憶にございませんでしょう。私の夢は、「世界巡礼の旅」でした。
具体的にいうと、世界の6州の内、各州1か国以上を訪れること。ヨーロッパ州イタリア、アフリカ州南アフリカアジア州台湾:アラブ首長国連邦オセアニア州ニュージーランドアメリカ州ナイアガラフォールズの旅を昨年で終えました。そして、2018年12月、南アメリカ州チリ共和国

f:id:kakeru9:20181215183023j:plain

訪れ、無事帰って来れました。
それをこの記事に書き残しておきます。

 今回は、本当に波瀾万丈な旅だった。搭乗券をギリギリで得る。係からwebチェックインが多いと意外なことを聞かされる。成田空港で、たこ焼きを昼食として摂る。その後、検問所で、顔認証システムでクリア。搭乗ゲートでデンマークのグループと遭遇。久方ぶりに英語を使ったら、思ったより流暢に!午後4時35分搭乗。なんと、ロサンゼルスまでの航空機はJALだった。おかげで最高のフライトを機内食で味わった

f:id:kakeru9:20181215183222j:plain


予定より30分遅れアメリカ ロサンゼルス着。入国審査。やはりベルトと靴は脱がされた。無事終了。乗り継ぎ時刻までフルーツカップを食べた。再び出国審査。終了後、何故か同じターミナル同士でバスで搭乗口まで移動。
15時ロサンゼルス発。ラタム航空の飛行機内が狭く本一冊とキーホルダーを失くした。

 翌日午前7時サンチアゴ着。PDI(動植物持ち込み可否確認書)を受け取り、空港を出る。そこから、どうホテルNipponまで行こうかと思い、歩きまわって白タクに遭う。90000円搾取された。ホテルに早く着き、先にチェックイン出来たので一旦休憩して、旧市街を歩いてカフェやレストランなどを訪れた。敢えて日本の寿司屋に入ってみると、もはや、日本の寿司とは比べ物にならないほどの不味さ。まず、酢飯じゃない?醤油がなかったら平らげられなかっただろう。まぁ、カリフォルニアロールはそうでもなったが…(私の舌がおかしいのか?)f:id:kakeru9:20181215183427j:plain
寿司屋を出て、アメリカドルをチリペソに交換のため銀行へ。そのあと、メトロ

f:id:kakeru9:20181215183730j:plain


という地下鉄にbip

f:id:kakeru9:20181215184602j:plain


という(日本でいうPASMOのようなもの)で乗る。事前情報ではフランスからの提供らしい。

f:id:kakeru9:20181215184640j:plain


(ちなみに、これ、入場するだけタッチし、駅から出る場合はミニドア

f:id:kakeru9:20181215184851j:plain


を押せばいい。なので、一回乗ったらどこまでも行ける!乗り換えは2回まで無料だとか) この巡礼の旅では初めて鉄道を使った。

宮殿など

f:id:kakeru9:20181215184928j:plain


も周り、いい経験となった。ホテルNipponへ帰り夕食。ここで言語の壁にあたる。料理の説明が難しくて・・・。ま、牛肉とコメ、サラダを食べて終了。ケーキとか出たが満腹で断り、部屋に戻る。熱いシャワー浴びてそのままベッドで就寝。

 5日の朝7時半朝食

f:id:kakeru9:20181215185208j:plain


を軽くとり、部屋で記録中。10時頃外出。メトロに乗って、キンタノーマル駅で

f:id:kakeru9:20181215185603j:plain


降りて博物館見学。なんか犬がリード付けずに自由に歩いてるの十数回目撃。野垂れ死に気味の犬が…。その後、通りの商人からアメジストの鉱石を記念品として購入。メトロでアルマス広場へ。徒歩で中央市

f:id:kakeru9:20181215185327j:plain


へ。ウニの料理とサワーアルコールを堪能

f:id:kakeru9:20181215185302j:plain


・・・。正直違和感たっぷりだった。ウニの味はしたが、何か日本人の舌には合わないものだった。サワーも無理して飲んだものだった

f:id:kakeru9:20181215185428j:plain


口直しにパエリア

f:id:kakeru9:20181215185502j:plain


を食べる(米のない貝肉ばかりの)。正直パエリアの方が数倍美味しかった。その後2回ほど両替商へ。ホテルNippon帰還して事務作業後、直ぐそこの売店で菓子とリプトンを購入。ここで分かったのはそれら2点でチリペソ1400!日本円では300円ですが。じゃあ、あのアメジストは?というと恐らく4000~400チリペソ。6000円もいかない程度。あまり納得せずにホテル内で過ごすと、夜が来ない、遅いと感じた。19時でも夕暮れにはならない、まいった。地球の裏側だもんなぁ。午後8時でやっと夕暮れ。特に空腹感もなかったので午後8時就寝。

 6日の午前4時起床。サンチアゴ国際空港までの道のりと帰るための荷造り作業。午前7時半朝食をしっかりと摂り、直ぐ様ホテルNipponのチェックアウト。ここで4日の夕食代を請求され、仕方なくデビッドカードで支払った。ホテルを出て、メトロに乗ったはいいが、種別

f:id:kakeru9:20181215185802j:plain


の違いに気付く、さらにはホテルに取っておいた飲料水を失くした事にも気づく。とりあえず双方どうということもなく、サンパブロ駅で降車。ここから空港まで歩いて行くことに。治安はとくに悪いわけではない、落書きとか多いけど・・・。40分ほど歩きbipカードが使えると気づき、市内バスに行き先わからずも飛び乗り20分頃で途中下車。その後スマホの地図を頼りに2時間歩き、空港までもう少しで、なんと、古くさい車が一台私のそばに止まり、運転手の妙なおじさんが「空港まで行くんだろ?」とのことで、空港まで送ってくれた。タダで。しかしながら疲れ果て、もはやスパニッシュが到底解らず、言語の壁の厚さを実感した。(歩き疲れてタクシー被害のことが頭になかったので、少ししか疑いを持たず)おじさんも英語も駄目らしく、結局のところ空港に無事到着、おじさんが話したことで、空港というワードしか耳に残らなかった。でも、何故私をあそこで拾い、親切にもタダで空港内まで送ってくれたのだろう?スパニッシュ、本当に理解し難い。まぁ、親切な人だったのでお礼としてコイン2枚を置いて別れた。あのコイン2枚がいくらかはわからずに。空港内で早速航空券を発行&PDIも渡し、出国審査完了。疲れたので水とスニッカーズを買う。基礎体力復活。両替商があったので50ドルをチリペソへ、30000ペソ紙幣を得て、午後1時昼食を食べる。パスタ欲にかられ、平たく細いパスタをトマトソースでご馳走さま

f:id:kakeru9:20181215185905j:plain
それから、全チリペソを26ドル紙幣に交換。午後7時まで記録と休憩。帰りのサンチアゴ国際空港、出国間近でWi-Fiルーターを間違えていたこと発覚!

 午後8時チリ出国。ペルーまで無睡眠。ラタム航空の飛行機搭乗。帰路の機内が寒い、赤道上なのに

f:id:kakeru9:20181215190012j:plain


ペルー着で日本人観光客発見。とりあえず逃げる(なぜか無意識に)出国審査を経て午前2時リマ発。気づけば、物を失くしすぎた。それが以下。
アニメキャラクターのキーホルダー 。重松清さんの文庫本一冊
現地での飲料水2本 。日本で買った100均のペットボトルホルダー
チャックが壊れたバック 。現地で買ったバッグのチャックも壊れる


 ロサンゼルスまで無睡眠且つ栄養素欠乏で、ロサンゼルスでバテる。ファーストエイドでドクターに診てもらい復活。無事予定通りフライト。6時間余り睡眠を摂り、機内食も食べ、完全復活!そして、無事予定通り成田国際空港に着き、残ったドル紙幣交換し30000円得た。空港を出て、電車で帰宅。

夢、叶いきった。やっぱり日本の冬の空気は美味しい

終わりに…。

冒険と言わざるを得ない、最後の世界巡礼の旅だった。

失くすは、落とすは、経らすは…。私は馬鹿だ・・・。


日本茶がとても恋しくなる。リプトンじゃ満たされない。スタバのアイスコーヒーは除くが。

今回は、英語は凄く良い言語の武器、8割はカバー可能。というよりスパニッシュ、とんでもなく難しい。理解しやすくなるには相当の勉強が必要かも。
とりあえず慣れたら帰れなくなるので2晩泊まるだけで十分。体内時計が狂わないから。慣れて狂ったら、無理強いしても疲労を溜める必要がある。

盗難被害には合わなかった。

 

この巡礼の旅は夢の終わりであり、未来への投資でもある。


The End of my Dream s .

こんばんは、お久しぶりです。

 

帰省から帰りこうしてブログを書けるのも日本は今日も平和だからかもしれません(笑)

取りあえず、帰省先の茨城県常陸大宮市の祖父母は相変わらず元気に農作業してました。

山あいゆえ、とても静かで台風一禍でもあったのか割と心地よく過ごせました。

f:id:kakeru9:20180818122129j:plain

お昼をごちそうになり、その後昼寝、扇風機で小一時間ほど。

すると、祖母が私を呼び、おやつタイム(幼稚か(笑) 

そのあとは祖父の用意してくれた空き部屋で読書。

気づくと空がいい景色だったので迷わず外へ出てシャッターチャーンス。

f:id:kakeru9:20180818122327j:plain

f:id:kakeru9:20180818122352j:plain

六時ごろ夕飯且つ祖父と梅酒で晩酌。梅酒自体はアルコールが薄く、え、これいけるかもと思ってたら、祖父から梅の実(酒漬け)をかじってみるとアルコールキター。

吐き気を軽く催すほどでした。

 

でも、楽しい夜でしたね。特に田舎の話は。

 

午後八時消灯(これが田舎の就寝時間だそうで)思いっきり音楽聞きながら寝ましたね。バッテーリーきらすほど。

 

翌朝5時、晴れていたので帰るのも余裕でした。

朝食の時間、寝ぼけながら食べてると祖父から「そんな風に食べてると社会で置いてけぼりにされるぞ」と一喝。

まぁ、それは仕方のないことでは…(´;ω;`)

 

帰る時間に祖父が来るまで送ってくれる前、スイカを頂きました。さすが田舎。都会じゃ値が張って手に入れませんからね。

帰り際、昼食を昨日今日と二回もごちそうに。

 

お米と梨を頂き、故郷を後にしました。

 

そんな感じです。

 

思いで、まだつくれますね、いくつになっても・・・。

こんにちは。

 

お盆ですね。

 

私は亡き母方の実家に帰り、一泊する予定です。

 

茨城県常陸大宮なので、結構な距離…。

そして交通費が往復5千円(まぁ、グリーン車に乗るのでそうなるのは必然的。常磐線で1時間も普通席に座っていられませんからね(-_-;))

 

ま、祖父母に会えること、そして成長しつつある自分を祖父母に認めてもらい、かつ一晩私自身の人生についても考えことを目的としますが、やはり、私の母の供養をすることが一番の目的でもあります。

 

祖父母の家は山に囲まれており、なんせ空気がきれい!庭も様々な植物が植えられているので、写真でまたここに置きます。(過去のデータが消滅していました(´;ω;`)

 

最後に、最近聴いた曲(SPYAIRでI WANNA BE ・・・)で涙が込み上げてきた歌詞がありました。(言い換え)

「生きていくのがうまくなるほどあなた(過去にお世話になった大切な人が去っていくのが切ない。」

これは、どの人もみんな経験するでしょう、生きていく間は。

 

では、また。